PLECS Blockset / Standalone

PLECS®には、回路/シミュレータとして、PLECS Blockset(MATLAB®/Simulink®版)および、PLECS Standalone(単独動作版)の2つの製品が用意されています。

PLECS Blockset for Simulink®
PLECS Blocksetは、MATLAB®/Simulink®に完全統合されており、Toolboxとしてシームレスに動作します。
こりにより、MATLAB®/Simulink®のシステム開発に特化したシミュレーション機能を用いて、パワエレシステムを開発できます。
PLECS回路はSimulink®モデル上では、サブシステムブロックとして、制御信号の入力および各素子から出力される測定値を認識します。
PLECS回路モデルは、Simulink®のS-functionとして処理されるため、コ・シミュレーション(逐次処理)ではなく、制御システムと回路方程式がSimulink®ソルバによって、同時に求解されます。
PLECS BlocksetはSimulink®のソルバ設定に完全に対応していますので、全ての可変/固定タイムステップソルバでシミュレーションをサポートします。

PLECS Standalone
PLECS Standaloneは、単独で動作するパワエレ・回路/システムシミュレータです。
単一のソフトウェア環境で、「制御モデル」+「電気回路モデル」+「熱等価回路モデル」等の複数のシミュレーション対象を連携して取扱い可能なソフトウェアです。
制御・電気・熱・磁気・機械回路を含むパワエレシステムのシミュレーションに特化したソルバを実装しており、高速に計算を実行できます。
PLECS Standaloneは、動的システムのシミュレーションにおいて、費用対効果に優れたソフトウェアです。

PLECS(製品名:プレックス)は、次の各ドメインに分割された、コンポーネントライブラリが実装されています。
電気、磁気、熱(損失)、機械および各ドメインで動作するブロックを制御する、制御のドメインです。
パワーエレクトロニクス回路は、回路図エディタを用いて、直感的に作図可能です。半導体素子、インダクタ、キャパシタといった典型的なパワーエレクトロニクス用素子を回路図に配置し、単純な結線操作で接続します。

電気、磁気、熱ドメインを適用した回路
電気、磁気、熱ドメインを適用した回路の図
上図のPLECS回路モデルは、2次側に、2相の出力があるフライバックコンバータです。1次側のメインスイッチと変圧器の損失が仮想ヒートシンクにより算出され、 湿度予測のために、熱ドメインに取り込まれます。変圧器は、B-H曲線によってモデリングされる磁性コア材を適用した磁気等価回路を使用しています。
PLECSの概要を纏めたパンフレットをご利用ください。
PLECSのその他の製品については以下をクリックしてください。
PLECSに関するチュートリアル動画(英語)は、以下から閲覧できます。